【ワウ11号の読みどころ】

多民族・多言語・多宗教のモザイク社会を表現するJo Kukathas
マレーシアの現代演劇を牽引する劇作家、演出家、俳優でもあるジョー・クカサス氏インタビューと東京公演『NADIRAH』について

映画・演劇×ごはん
マレーシア映画や演劇の食事のシーンをピックアップして、その中に登場する料理を紹介

Batik バティックの世界
マレーシア、インドネシア、インドなどで生産されている蝋染め生地「バティック」の魅力とその歴史について

新連載:文化をハックしたアート
マレーシアと日本との文化ハックから生まれるTANJCアートを紹介する新企画

入手できる場所の一覧:http://hatimalaysia.com/wau

PDF版ダウンロード:http://hatimalaysia.com/WAU/WAU_11.pdf (4MB)


【編集後記】

上原 亜季 Aki Uehara

マレーシアの代表的な映画監督、故ヤスミン・アフマド監督は数多くのCMも手がけていました。その中で、私にとって最も印象的な役を演じていたのがジョー・クカサスさんでした。何度見ても胸に突き刺さる、たった3分間の映像はジョーさんの俳優としての存在感によるものです。今回、その彼女の舞台作品に携わり、直接インタビューできたことは、とても光栄なことでした。

ムティアラ・アーツ・プロダクション代表。AFS生として一年間マレーシアの高校に留学。Universiti Sains Malaysiaの大学院にてマレーシアの伝統芸能の研究を行い、修士号取得。国際文化会館勤務を経て、現職。東南アジア芸能コーディネート、イベント企画・制作、記事執筆、マレー語通訳・翻訳。
http://mutiara-arts-production.com


古川 音 Oto Furukawa

物語のなかで食事のシーンを描くことは、その人の生き方を表現すること。ある作家さんがそう言っていました。食を調査していると、ときに、人の心を動かす源のようなものに触れる瞬間があります。それは、民族の歴史だったり、お母さんの思い出の味だったり、暮らしをとりまく文化だったりします。その瞬間がおもしろくて、この活動はやめられません。食べることとは、生きることなんですね。

編集ライター。首都クアラルンプールに4年滞在した経験を活かし、「All About」や「CREA」ウェブサイトにてマレーシアの記事を執筆。また「マレーシアごはんの会」にてイベントや料理教室を主催。来場者2000人規模のマレーシアごはん祭り、現地ごはんツアーも開催。
マレーシアごはんの会
http://malaysiafoodnet.com


高塚 利恵 Rie Takatsuka

2017年3月、「タレンタイム」が待望の劇場公開となります。日本で「マレーシア映画」と言えば名前の挙がる故ヤスミン・アフマド監督の遺作で、マレーシア人監督によるマレーシア映画が日本で商業公開されるのは、ホー・ユーハン監督の「レインドックス」以来。そのユーハン監督の新作「ミセスK」も、3月3日からの大阪アジアン映画祭でオープニング上映されるという、ミラクルな2017年!WAUでも注目していきますよ!

映像プロダクション、株式会社オッドピクチャーズ代表。インディペンデント映画プロデューサー。日本国内にて映像によるプロモーションの企画、撮影。マレーシアの映像制作プロダクション(ODD PICTURES MALAYSIA)と連携した映像・映画製作など。
http://odd-pictures.asia