総合 ALL

TOYBOX OF JAPAN 2 – 子どもの才能を発掘する“遊びと学びのおもちゃ箱!”[WAU No.15記事]

メイド・イン・ジャパンの商品や日本独自のカルチャーを発信する「ISETAN The Japan Store」。 その3階にある「CUBE_1」と名付けられたイベントスペースが、今、マレーシアで注目を集めています!


昨年、大好評だった子ども向けの知育イベント「TOYBOX OF JAPAN」が、今年もクアラルンプールCUBE_1でにぎやかに開催中です! 今回は4つのセクションがあり、内容はさらに進化。たとえば、楽器の動きにあわせて“音を見る”体験をしたり、自分の描いた絵がスイスイ泳ぎだしたり。日本の最先端テクノロジーを使い、子ども自身が主体的に考え、自然に学びたくなる工夫が随所に凝らされています。また、昔懐かしいトントン紙相撲や伝統コマなど、日本のおもちゃ作りを体験するコーナーもあり、子どもだけでなく大人も楽しめます。遊びながら学んでいく現代ならではの体験型コンテンツ。子どもの好奇心や発想力を引きだすだけでなく、忘れられない思い出になること間違いなし! なお、推奨年齢は4歳以上ですが、会場内のおもちゃは2歳〜12歳までの子どもが遊べるようになっているので、家族そろってTOYBOX OF JAPANの世界に触れてみてはいかがでしょう。

「TOYBOX OF JAPAN 2」

■会期:開催中~2018年4月22日(日)
■開館時間:11:00~21:00(最終入場は20:30まで)
■入場料:子ども(2歳以上~12歳以下):RM25 大人(13歳以上):RM10
※子どもに同伴の保護者家族は、人数に関わらずRM10
※12歳以下は必ず保護者同伴の上、ご入場ください。推奨年齢:4歳以上

会場「CUBE_1」

3F THE CUBE, ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur, LOT10, 50 Jalan Sultan Ismail 50250 Kuala Lumpur, Malaysia
時間:11:00 ~ 21:00 (LGF to 3F)
電話:(+60)3-2141 7777

Facebook:Cube1kl
Instagram:cube1kl


[この記事はWAU No.15(2018年3月号)から転載しています。]

administrator
マレーシアをディープに伝えるエキスパート集団。古川音(マレーシア食文化ライター)、上原亜季(マレーシアほか東南アジア伝統芸能コーディネーター)と高塚利恵(映画プロデューサー)の3人メンバー。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。