芸能図鑑

ラット

Datuk Lat。本名: モハマド・ノール・カリド Datuk Mohd. Nor Khalid。マレーシア/アジアを代表する漫画家。1951年、ペラ州 出身。

幼少期から描くことが好きだったラットさん。公務員だった父親は、よく会社からたくさんの白い紙を抱えて帰宅し、ラットさんに絵を描くよう促したという。「父は白い紙を与えると私が笑顔になることを知っていたんだ。学校の友達も先生も私の絵を『Bagus! = すごい!』と、よく褒めてくれたけど、父はそうは言わなかった。でも、いつも描くことを勧めてくれたんだ」。

13歳で初の単行本を出版。その後、マレーシアの雑誌や新聞での漫画の連載は高く評価され、国民的漫画家となる。マレーシアの社会や文化をデフォルメした独特なタッチで描くラットさんの絵は、マレーシアの誰もが知っている。

1979年、『カンポンボーイ』を出版。その後も多数の作品を発表し、国内外で人気を集めてきた。「もう何十年も漫画を描いてきて、ふと自分の作品を振り返ると、決して僕の絵は《Bagus》ではなく、むしろ下手くそ。でも、やっぱり《これだ!》って思えるんだ」というラットさんの言葉が印象的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です