ごはんFOOD

4つのポイントでひもとくマレーシアのごはん[WAU No.13記事]


スパイスとココナッツミルクで仕上げる濃厚カレー、海鮮入りの焼き麺、 お粥やサテーなど、マレーシア料理にはたくさんの種類があります。 移民してきた人々がもちこんだ食文化も受け継がれ、 今では民族を越えて広く親しまれている料理もあります。


マレーシア料理って何?

 マレーシア料理は、マレー系、華人系、インド系、プラナカンなどの民族性や地域性などにより、様々な味があります。たとえば、マレー系の料理は、ココナッツミルクとスパイスを使ったコクのある辛みが特徴。華人系は、広東、客家、潮州料理など種類豊富。インド系は、バナナの葉を皿に使う南インド料理がポピュラーです。この豊かな食文化のもとでは、朝カレーに昼飲茶、というような贅沢な食生活もごくごく普通。まさにフードパラダイス!

どんな調味料を使うの?

 マレーシア料理の奥深い味の決め手になっているのは、3つの調味料です。1つめは、辛さと、うま味の両方を兼ね備えた「サンバル」。マレーシア料理で辛い味があれば、それはサンバル入りだと思ってほぼ間違いありません。2つめは、海老の発酵ペースト「ブラチャン」。濃厚な“海の香り”と海老のうま味が特徴。3つめは「グラ・マラッカ」とよばれる深いコクのある椰子砂糖。椰子の樹液を使ったもので、お菓子作りには必須です。

何を食べたらいい?

 名物料理は「ナシレマッ」「チキンライス」「チャークイティオ」「カレーミー」「アッサムラクサ」「ロティチャナイ」「チキンカレー」「フィッシュヘッドカレー」「ロジャ」など。その中で、マレーシアでもっとも日常的に食べられている料理が「ナシレマッ」です。ココナッツミルクで炊いたご飯に甘辛のサンバルを混ぜて食べます。きゅうり、煮干し、ピーナッツ、卵が基本の具。とくに朝ごはんの定番で、ホテルの朝食
ビュッフェには必ずあります。

どこで食べたらいい?

 高級レストランから庶民的な屋台まで、マレーシアの食事場所はさまざま。地元の人でにぎわう屋台がおいしいのは鉄則ですが、初めてのマレーシア旅なら、ショッピングモールのフードコートを利用してみましょう。各民族の代表料理をちゃんと網羅していますし、メニューに値段表記があるので安心です。夜なら、オープンエアのレストランがおすすめ。南国気分を味わえて最高です。ビールで乾杯したいなら、華人系の屋台にいきましょう。


[この記事はWAU No.13(2017年9月号)から転載しています。]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。