総合 ALL

ヤスミン・アト・コンヘン・ニュージアム/没後10周年記念特集上映/マレーシアごはん祭り2019/あいちトリエンナーレ2019 [WAU No.20]

「ヤスミン・アト・コンヘン・ニュージアム」 新たにオープン!

 ヤスミン作品の舞台のひとつ、マレー半島の都市イポーにあるヤスミン・アフマドの記念館が今年4月に生まれ変わりました。書籍を提供する「BookXcess」に併設され、週7日の毎日開館に。自らを「Storyteller」と称したヤスミン監督の映画作品やCMディレクターとして手がけた国営石油会社「ペトロナス」のCM上映、監督が実際に作品の制作に使っていたMac、映画のオリジナル台本、彼女の言葉の引用と写真など、ファンにはたまらない思い出のアイテムが展示。ウィットに富んだヤスミン監督の世界を垣間見ることができ、ヤスミンワールドにたっぷり浸れます。


Yasmin at Kong Heng Newseum
住所: No. 91, Jalan Sultan Yussuf (Belfield Street), 30000 Ipoh, Perak.
開館時間:8:00〜22:00
Photo courtesy of Yasmin at Kong Heng


没後10周年記念ヤスミン・アフマド特集上映

 マレーシアを代表する映画監督、ヤスミン・アフマド監督の急逝から早10年。監督は、マレーシアの多民族・多言語社会を家族、恋愛、宗教などをテーマに、ユーモアを交えながら、ときにリアルなマレーシア社会に少し理想も盛り込んだ独自の世界観を描きました。マレーシアのローカルな話でありながら、世界に通じる普遍性を帯びた作品は、国、人種、宗教、あらゆる境界を越えて共感を呼びます。このたび、貴重な全長編作品が一挙上映。マレーシア映画界に大きな影響を残したヤスミン監督の映画は、音楽も素晴らしいので、ぜひこの機会に映画館でご覧ください。

日程:2019年7月20日 (土)〜8月23日 (金)
会場:シアター・イメージフォーラム(渋谷区)
上映作品:『ラブン』『細い目』『グブラ』『ムクシン』『ムアラフ-改心』
『タレンタイム〜優しい歌』
公式サイト: http://moviola.jp/yasmin10years


マレーシアごはん祭り2019
8月31日、9月1日に開催決定!

 マレーシアの食と文化を体験できるMalaysia Makan Fest(マレーシアごはん祭り)。2016年にスタートし、今年で4回目の開催が決定しました! 関東近郊のマレーシア料理店が集結し、ナシレマッ、チキンライス、バクテーなど現地の人気料理を多数提供。また、自宅で簡単にマレーシア料理が作れるカレーペースト、スパイスミックスなどの調味料、肌に潤いを与えてくれるなまこクリームや美しいバティック作品などマレーシア産の雑貨も販売。さらにバティック色付け体験からクイズ大会、トークショーなどのステージプログラムも盛りだくさん! 横浜でマレーシア文化を体験できる希少な機会をお見逃しなく。


日程:2019年8月31日(土)、9月1日(日)11:00〜17:00
会場:象の鼻テラス(横浜市) ※室内開催にて雨天決行
公式サイト: www.malaysianfood.org(情報は順次アップ予定)


《SEBARKAN CINTA(Spread the Love)》 2017

パンクロック・スゥラップが
「あいちトリエンナーレ2019」に参加!

 サバ州のアーティスト集団「パンクロック・スゥラップ (Pangrok Sulap)」がこの夏、愛知にやってきます。ボルネオ島の先住民族や地域住民を取り巻く問題をテーマに木版画のアート作品を創作し、近年は台湾、オーストラリア、インドの国際芸術祭にも参加するなど、国内外で注目を集めるパンクロック・スゥラップ。DIY精神や熱帯雨林の環境保護を訴え、小さな村の村人たちの声にも耳を傾けてきた彼らが、国内最大規模の現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ2019」に初登場。今年のテーマ「情の時代 Taming Y/Our Passion」に合わせたメッセージ性のある作品を展示予定です。詳細は、下記ウェブサイトにて7月頃に発表!


「あいちトリエンナーレ2019」
会期:2019年8月1日(木)〜10月14日(月・祝)
詳細:http://aichitriennale.jp/artist/pangrok-sulap.html
グループの中心人物リゾ・レオン氏のインタビューはWAU第9号に掲載。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。