総合 ALL

WAU No.32 (2022年6月夏号)発行

本日6月1日、マレーシア文化通信『WAU』第32号を発刊しました!

今号は先住民族特集です。巻頭インタビューは、マレー半島で暮らす「オラン・アスリ」の独自の文化について。20年以上研究を続ける国立民族学博物館の信田敏宏教授に語っていただきました。母系制の家族制度、NGOの動き、彫像に表現される世界観に注目します。サバ州の稲の精霊「バンバラヨン」版画アート、そして先住民族の伝統料理もひもときます。

WAU No.32 Interview with Prof. Toshihiro Nobuta, National Museum Ethology, Indigenous Foods in Malaysia, Malaysian Film, History of WAU etc.

■ Topics: 伝統技術でうみだされた手工芸品/東京マレーシア料理店「ラヤンラヤン」に名物シェフ/ボルネオ島で民族音楽祭典Rainforest World Music Festival開催

■ Gallery: ボルネオ島サバ州に伝わる稲の精霊 「バンバラヨン」

■ Interview: 先住民族オラン・アスリの変容する民族アイデンティティと受け継がれる彫像文化

■ Food: 大地のパワーに満ちた先住民族の伝統料理、身近な自然の恵みをいただく

■ Column:いつもの食卓に合うマレーシア料理のレシピ#10[ヒナヴァ/Hinava]

■ Column:マレーシア映画コラム#16 「Spilt  Gravy  Ke  Mana  Tumpahnya  Kuah」ある「マレーシア家族」の世界

■ History of WAU: 紙媒体の8年を振り返る

■ New Challenges: WAUは9月よりオンライン版がメインになります

上記各ウェブ記事は本誌と同じ内容を転載、もしくは加筆したものになっています。本誌PDFダウンロード(8MB)
本誌を紙媒体でご入手いただける場所一覧(日本国内外)

【Editors (Hati Malaysia)】

上原 亜季 Aki Uehara

ムティアラ・アーツ・プロダクション代表。AFS生として一年間マレーシアの高校に留学。Universiti Sains Malaysiaの大学院にてマレーシアの伝統芸能の研究を行い、修士号取得。国際文化会館勤務を経て、現職。東南アジア芸能コーディネート、イベント企画・制作、記事執筆、マレー語通訳・翻訳。

http://mutiaraarts.pro

古川 音 Oto Furukawa

編集ライター。首都クアラルンプールに4年滞在した経験を活かし、「All About」や「CREA」ウェブサイトにてマレーシアの記事を執筆。また「マレーシアごはんの会」にてイベントや料理教室を主催。著書『ナシレマッ!』と『50のレシピ集』を発刊。現地ごはんツアーも開催。

マレーシアごはんの会
http://malaysianfood.org


WAU Supporters

髙塚 利恵
Rie Takatsuka
映像制作会社、(株)オッドピクチャーズ代表。映画で メッセージを伝えるブランデッドムービーの制作に注 力。
odd-pictures.asia

陳 維錚
TAN JC
デザイナー、現代アート作家、ジョホール出身。96 年に来日し、日本語は敬語も漢字もカンペキ。世界を 飛び回り、創作活動を行っている。
tanjc.net

ナオヤ
naoya
グラフィックデザイナー、イラストレーター。山形県出身。ebook『Street Food Malaysia』にてマレーシア料理のイラストを担当。
agasuke.net

田中 じゅん
Jun Tanaka
サラワク州クチンを愛するグラフィックデザイナー。 名刺から雑誌まで印刷物ならなんでも。自主制作した クチン・グルメガイドはHPから。
mee-print.com


Hati Malaysia

Hati Malaysiaは、上原亜季(マレーシアほか東南アジア伝統芸能コーディネーター)、古川音(マレーシア料理愛好家/ライター)の2人でユニットを組み、マレーシア文化通信フリーペーパー<WAU(ワウ)>の編集発行、マレーシア文化講座(芸能・映画・ごはん)の講師、そのほかイベントや現地ごはんツアー等を企画、開催しています。また、WAUにて取材してほしい、取り上げてほしい題材があれば、どうぞお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。