ごはんFOOD

Column:いつもの食卓に合うマレーシア料理のレシピ#10 [ヒナヴァ/Hinava] [WAU No.32]

ボルネオ島先住民族の伝統料理。生魚を酸味の強い柑橘類の果汁でしめたもので、さっぱりしたサラダのような味。現地ではカランマンシーを使いますが、ライムで代用可。あと味にジワッと広がる辛味が食欲をそそります。

ヒナヴァ/ Hinava


■材料(2人前)

カツオの刺身 150g/ライム 1個/生姜 10g/赤玉ねぎ 30g/ゴーヤ 30g/赤唐辛子 1本/自然塩 小さじ1/2


■作り方
  1. カツオの刺身を1~2センチ角ぐらいのサイズに切る。
  2. 生姜は千切り、赤玉ねぎとゴーヤはスライス、赤唐辛子は輪切り。
  3. 1にライム汁を回しかけ、全体が白っぽくなるまで10分ほど待つ。色が変わらない場合はライム汁をさらに足す。
  4. 残りの材料を混ぜればできあがり。冷やして食べよう。

※酢じめなので冷蔵庫で2〜3日保存可。

サバ州のコタキナバルで暮らすサイモンさん宅で食べたヒナヴァ。カダザン・ドゥスン族の家庭料理。


教えてくれた人

今村志帆さん
マレーシア観光省公認ツーリストガイド

「現地では、漁港で水揚げされたばかりの新鮮なサワラをよく使います。地酒やビールのおつまみとして人気の料理です」


イラスト/生田目まゆみ Mayumi Namatame

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。