去る2016年9月3日、マレーシアはクアラルンプールで行われた、マレーシア映画祭 (FFM28)の結果をレポートしたいと思います。

マレーシア映画祭 (FFM28)は、日本で例えるなら、日本アカデミー賞のような感じでしょうか。

先日6月25日・26日には、我々、HatiMalaysiaでも、昨年の最優秀作品賞「Leraki Harapan Duinia(世界を救った男たち)の上映会をさせていただきましたが、今年は、その賞が、「ナショナル」・・・マレーシア語で作られた映画」と、「マレーシア」・・・マレーシア語含むすべての言語で作られた映画とに分けられました。

実は、この「ナショナル」部門の設立には、かなりの論争があった模様です。

というのは、映画祭の1ヶ月ほど前に映画祭は突然、マレーシア語映画部門と非マレーシア語映画部門にわけることを発表しました。マレーシアの国語は確かにマレー語なのですが、実際は、多民族のマレーシア人が多言語で暮らしています。

そのようなマレーシアにおいて、言語によるカテゴライズはナンセンスなのでは?ともすると差別的ではないかと映画製作者や関係者の論議を巻き起こし、映画祭は最終的に今までの最優秀作品賞(すべての言語対象)の上に「ナショナル(マレー語)」というカテゴリを設置して落ち着いたとのこと。

ということで、最優秀作品賞は・・・今年は2つある感じです。(筆者の個人の感想です)
下記、結果をご紹介します。

知っている範囲で少ないですが、内容を簡単に解説しております。

 

1. 最優秀ナショナル作品賞(ナショナル(マレーシア語)): Munafik (マレー語)

MV5BOWJkODU3YjctZTY0Ni00NDU5LWIzYTEtMDY0NjYzNjczYzA0XkEyXkFqcGdeQXVyMzY3MDU4NDk@._V1_SY1000_CR0,0,692,1000_AL_

画像出典元 http://www.imdb.com/title/tt5565896/mediaviewer/rm2200378880

最優秀監督賞、編集賞も受賞した、Syamsul Yusof監督のホラー映画です。
彼の一家は父や親戚も著名監督、俳優、妻も女優といった巨大な芸能一家!

2. 最優秀賞作品賞(マレーシア): Jagat(タミル語)

MV5BOTEwYjg0MzQtZGFjMy00MzRkLTk1ODgtY2UzOTMzZGYyMzExXkEyXkFqcGdeQXVyMzIwNTAyNzk@._V1_SY1000_SX1000_AL_

画像出典元 http://www.imdb.com/title/tt5143450/mediaviewer/rm2328487680

新人監督賞も受賞したインド系マレーシア人のShanjhey監督の作品。タミル語が中心の作品です。

3. 最優秀監督賞: Syamsul Yusof (Munafik)
4. 最優秀脚本賞: Bea Tanaka (Nota)(マレー語)
5. 最優秀主演男優賞: Pekin Ibrahim (Mat Moto – Kami Mat Moto bukan Mat Rempit)(マレー語)
6. 最優秀主演女優賞: Nabila Huda (Munafik)

7. 最優秀助演男優賞: Hushairi Husain (Polis Evo)(マレー語)

MV5BM2EzZGVhYjUtMTBjMy00NGExLThhNDAtMjc5MmJmYThkZGZmXkEyXkFqcGdeQXVyMjMwNDAzNzE@._V1_

画像出典元 http://www.imdb.com/title/tt5132854/mediaviewer/rm1349116928

マレーシア映画、歴代興行成績1位の作品。2016年アジアフォーカス・福岡国際映画祭での上映が決まったようです!日本人も大好き?カーチェイスと銃撃アクションがかっこいい警察もの。マレーシアの人気者がたくさん出演しています。

8. 最優秀助演女優賞: Fauziah Dato’ Ahmad Daud (Langit Cinta)
9. 最優秀新人監督賞: Shanjhey Kumar Perumal (Jagat)
10. 最優秀新人男優賞: Adam Shahz (Juvana 2)
11. 最優秀新人女優賞: Falisha Crosley (Mat Moto Kami Mat Moto Bukan Mat Rempit)

12. 最優秀子役賞: Tan Qin Lin (The Kid From The Big Apple)(北京語)

MV5BNjI5ZTZhMDktZDg4My00YTIwLWJlM2QtOWJmOWNhMmYzMGNmXkEyXkFqcGdeQXVyMjg0MTI5NzQ@._V1_

画像出典元  http://www.imdb.com/title/tt4253116/mediaviewer/rm350558720

( 2016年、大阪アジアン映画祭で上映されました!子役の Qin Linちゃんの生意気でこにくたらしいところが最高!おじいちゃん役は、なんと「男たちの挽歌」などの香港映画で有名なティ・ロン。御年70歳にて、初のおじいちゃん役。

13. 最優秀オリジナルストーリー賞: Pekin Ibrahim (Mat Moto – Kami Mat Moto Bukan Mat Rempit)
14. 最優秀撮影賞: Harris Hue Abdullah (Polis Evo)
15. 最優秀編集賞: Syamsul Yusof (Munafik)
16. 特別功労賞(生涯業績賞): Deddy M. Borhan

審査員特別賞

17. ①スポーツを通して団結の精神を示した – Ola Bola(英語/マレー語/北京語/タミール語)
MV5BOWU5YTAyMTEtNmEwZS00Mzg0LTgxMjEtZDI2NThmOWE5N2RhXkEyXkFqcGdeQXVyNjU2NDYyMDQ@._V1_

画像出典元 http://www.imdb.com/title/tt5423310/mediaviewer/rm2162432000

マレーシアのナショナルサッカーチームが1980年のモスクワオリンピックにノミネートされたことを題材にしたもの。この年、マレーシアはサッカー競技をボイコットしています。こちらも歴代興行成績上位の人気作品です。

18. ②製作と商業の面において高い価値を示した – Polis Evo
19. ③文化の価値を変化させ、世代間ギャップを縮めた – The Kid From The Big Apple

開会式で発表された賞
20. 最優秀特殊効果賞: Yusry Abd Halim (Cicakman 3)(マレー語) アクション
21. 最優秀コスチューム賞 : Penataan Seni: Elaine Ng, Weng Shum (Ola Bola)
22. 最優秀ビジュアル効果賞: Wong Jee Meng dan Nick Wong (Huat the Fish)
23. 最優秀音響効果賞: Imaginex Studios (Munafik)
24. 最優秀オリジナルサウンドトラック: Ong San & Alex San (Ola Bola)
25. 最優秀オリジナルテーマ曲: Zee Avi, Rendra Zawawi – Arena Cahaya (Ola Bola)
26. 最優秀短編アニメーション賞: Wau Animation (Ejen Ali)
27. 最優秀短編映画賞: Entrophy Studios Sdn Bhd (RM10)
28. 舞台裏功労賞: Encik Mohd Noor Tagaya
29. 最優秀ドキュメンタリー賞: Dos Fellas Sdn Bhd (Boat People)


*今回のレポートは、戸加里康子さんからの情報をもとに構成いたしました。

戸加里康子氏・・・日本マレーシア学会会員、マレー語通訳、著書に「旅の指差し会話帳 マレーシア」など。マレーシア映画祭最優秀作品賞「Leraki Harapan dunia(世界を救った男たち)」の日本語字幕、Polis Evoの字幕監修も担当されています。

文/ Rie Takatsuka