音楽

音で訪ねるマレーシア#5 国民的歌姫シティ・ヌルハリザ [WAU No.18]

マレーシアの国民的歌姫シティ・ヌルハリザさん。 デビューから20年以上にわたり輝き、 愛され続けている人気歌手が今年10月に来日しました。

 マレーシア好き、アジアの音楽好きの方の中には、1996年のデビューから多数のアルバムやシングルを発表してきたシティさんのCDを現地で入手した方も多いのではないでしょうか。デビュー当時、まだ10代だった彼女は、とても可愛らしい印象で、それでいて一度歌い出すとその素晴らしい歌声に誰もが驚くような新星でした。デビュー2年目で、マレーシアの音楽界で数多くの功績を遺した作曲家パッンガ・スハイミのプロデュースによるマレー伝統民謡曲を集めたアルバム『チンダイ(Cindai)』が大ヒット。以後、ポップスから伝統歌謡まで様々なスタイルの曲を見事に歌い上げ、ダンサーたちと伝統舞踊も取り入れた魅力的なステージを繰り広げてきたのです。

最新シングル「Anta Permana」

 2018年10月4日、「第2回 日・ASEAN音楽祭」(於・NHKホール)に5年ぶり、二度目の出演を果たしたシティさんは、その圧倒的な歌唱力で日本のお客さんを魅了。来日に際し、光栄なことに私は通訳を務めさせていただきました。3月に女の子を出産し母となり、さらに女性としての魅力も増し、娘を抱えながらも精力的に仕事に向かう姿にこちらも背筋が伸びる思いでした。


最新アルバム「Simetri Siti」(※iTunesにて購入可)

 最新のシングル「アンタ・プルマナ(Anta Permana)」は、YouTubeに公開されたミュージックビデオが1カ月間で再生回数約450万回と話題を呼んでいます。ファン自身が歌っている映像をハッシュタグ付きでSNSに投稿するとシティさんがピックアップして紹介してくれるため、多くの人々が歌をカバーする、という今の時代に合わせたプロモーションも注目されています。日本からも「Anta Permana」を検索して歌をカバーし、投稿してみてください。シティさんに届くかもしれませんよ!


文/上原亜季 Aki Uehara 写真提供・Photo Courtesy of Siti Nurhaliza Productions

Avatar photo
マレーシア伝統芸能の専門家 ムティアラ・アーツ・プロダクション代表。AFS生として一年間マレーシアの高校に留学。Universiti Sains Malaysiaの大学院にてマレーシアの伝統芸能の研究を行い、修士号取得。国際文化会館勤務を経て、現職。東南アジア芸能コーディネート、イベント企画・制作、記事執筆、マレー語通訳・翻訳。 http://mutiaraarts.pro

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。