旅TRAVEL

ジョージタウン:古と現代が息づく町 [WAU No.27]

Georgetown, the Town Embraces Its History and Modernity

「多種多様な店が並び、店から店へ歩廊『ファイブ・フット・ウェイ』を歩いて移動できる通りは、いわば現代のショッピングモールと同じ役割」とレオナルドさん

写真から音は聞こえてこない。音が無くても、町並みは賑やか。それがペナン島のジョージタウン。
 看板には、英語、マレー語、中国語の漢字にアラビア文字。ごちゃごちゃとしているけれど、それは、この町に多様な文化的背景を持った人々が暮らしていることの表れ。そして、この雑多な感じが、歴史を悠然と物語る建築とともに町の雰囲気を作り出しています。

 ショップハウスが両脇に立ち並ぶ道路を、駐車スペースを探しながら車が行き交う。建物と建物の隙間でビジネスを続ける小さな屋台の味を求めて。

 夜に車を走らせると、この町の人々はいつ眠るのだろうか、といつも感じる。真夜中に行列ができる小さなカレー屋さん、シャッターを下ろした店が軒を連ねるショップハウスの一角に煌々と明かりを灯す屋台。24時間営業のナシカンダー食堂は、真夜中でも人々がコップ一杯の紅茶で延々と談笑しています。

近年、ショップハウスの改築、整備をして新しいブティックホテルやカフェが増えるジョージタウン。「魂が宿っているような古びた建築物に惹かれます。古い建物は、ピカピカに塗装を塗り替えられると、その魂が数年間は隠れてしまう気がします。塗装が少しはげたくらいがその建物の味を感じますね」と写真家のレオナルドさんは語ります。

ペナン島でもっとも古いペナン通りは夜中でも車通りが絶えない賑やかさ。光の道が物語る。
昔は漢方薬局だった歴史的建造物。白壁と木製の窓が印象的。
カラフルに塗り替えられたショップハウスには、カフェや音楽教室、スパなどが並ぶ。

写真/Leonard Selva(レオナルド・セルヴァ)
写真愛好家、音楽と歴史の教師。町の建物、人々の表情などを撮影。教会のパイプオルガン奏者であり、ジャズピアニスト
https://www.instagram.com/leonardselva

文/上原亜季 Aki Uehara


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。