芸能ARTS

かけがえのない存在のために歌う歌手としてのアディバ・ノール[WAU No.12記事]


© Primeworks Studios Sdn Bhd

日本ではヤスミン・アフマド監督の映画『細い目』のお手伝いさん役や、現在日本の劇場で公開中の『タレンタイム~優しい歌』の先生役など、女優としての姿が知られているアディバ・ノールさんですが、もともと歌手として高く評価されている方です。今回は、歌手としてのアディバさんについてお話を聞きました。

歌手になる前は学校で英語教師をされていました。
歌手になったきっかけを教えてください。

幼い頃から音楽が大好きでした。おもちゃの木琴やトイピアノで、子守唄よりも流行りのポップソングなどを弾いていました。でも残念なことに音楽を学校で専攻することはできず、学校から帰宅すると共働きの両親や兄弟が帰ってくる前に一人で思い切り歌っていました。

学校で教師の仕事を始めてからも、歌うことは趣味で続けていました。ある時から毎日授業が終わるとカラオケ店に通うようになり、そこで出会った仲間に勧められて歌のコンテストに参加したのです。ただ彼らを喜ばせるためでした。そして、ある日私はテレビで生放送されるような大きな歌の大会で優勝したのです。そこから私の歌手としての人生が始まりました。

2006年、マレーシアの歌謡賞Anugrah Juara Laguで最優秀賞を受賞した『Terlalu Istimewa』は、アディバさんの代名詞的な曲になりました。美しいメロディーと歌詞がとても印象的でした。

ありがとうございます。この曲は本当に神様からの贈り物でした。実は、とても悲しい少女暴行殺人事件をきっかけにできた曲です。家族の中でも特別な存在だった10歳の少女の命が奪われた事件に私は大きな衝撃を受け、人々にこの事件を忘れて欲しくなくて、どうしても何か曲を作りたいと思いました。大切な子供たちの安全を守ってほしい、と願う私の個人的な啓発活動のようなものでした。歌詞は、もし少女が生きていたらどんな人生を歩んだだろうか、など、この少女に対して感じた私の想いでした。彼女が天国で人生の秘密、ミステリー、生きることすべてについて悟ったり、神様や預言者から様々なストーリーを聞かされているのではないかとも想像しました。曲名『Terlalu Istimewa(あまりにも特別な)』は、あなたは特別以上の存在である、ということを表現できる言葉が見つからず、「あまりにも特別な」かけがえのない存在であり、神様に召されたのだという意味を込めました。

現在製作中のアルバムは、マレーシアの様々なアーティストが参加しているそうですね。完成が楽しみです。

収録曲は全てマレーシアで活躍する歌手とのデュエット曲です。参加アーティストは、Sam (Innuendo)、Nassier Wahab、Nizam、Dina Nadzir、Atilia、Anuar Zain、Amir JahariそしてMisha Omarなどです。タイトルは、収録曲の一つでMisha Omarとの曲から『Jiwa Sentuh Jiwa(「魂が魂にふれる」の意)』となる予定です。

テレビ番組『DuoStar』で審査員をされました。マレーシア音楽界の新人や、将来をどのように展望されますか?

この番組は、すでにプロとして活躍している歌手によるデュエットのコンテストで、マレーシアのテレビ番組では初めての試みでした。私は審査員として関わることができたことを光栄に思いますし、とても楽しむことができました。マレーシアには、実力のある若手の新人歌手がたくさんいますので、彼らに大きな期待を寄せています。世界で活躍しているマレーシア出身の歌手、YunaやNajwa Mahiaddin、Shila Amzahなどは素晴らしい刺激を与えてくれます。これからさらにマレーシアの若い歌手が彼女たちに続いてくれることを願っています。 日本の読者にひと言お願いします。 iTunesやYouTubeでAdibah Noorを検索して、私の曲を聴いてみてください。気に入ってもらえると嬉しいです。そして、いつか日本で歌う機会に恵まれることを願っています!


アディバさんのインタビューに登場した マレーシア国内外で活躍する注目の女性歌手たち

Yuna
ユナ/2008年にデビューし、軽やかな歌声とオシャレなファッションでアイコン的存在に。2011年に米国デビューを果たし、現在はニューヨークを拠点に活動。2016年にはUsherとも共演し、米国でも注目を集める。

Shila Amzah
シーラ・アムザ/マレー系でありながら中国語の歌も得意とし、中国のオーディション番組に出演したことで中国でも人気が高い。現在は香港をベースに活動を広げている。

Najwa Mahiaddin
ナジワ・マヒアディン/2011年にデビューし、マレーシア版グラミー賞第18回Anugerah Industri Muzik(AIM)にて最優秀新人賞、最優秀英語歌謡賞を受賞。ソウルフルな歌声が印象的。実は、元副首相のご令嬢。


この記事はWAU No.12(2017年6月号)から転載しています。

映画に関するエピソードはこちらの記事「ヤスミン監督作品『タレンタイム』が日本の劇場にて公開!」をご覧ください!

 

取材・文:上原亜季(Hati Malaysia / ムティアラ・アーツ・プロダクション
取材協力:ムヴィオラ


アディバさん出演の映画 日本全国にて公開中!

『タレンタイム〜優しい歌』

映画について、劇場情報など、詳細は公式サイトをご覧ください。

監督・脚本:ヤスミン・アフマド 撮影:キョン・ロウ 音楽:ピート・テオ
出演:パメラ・チョン、マヘシュ・ジュガル・キショールほか
原題:Talentime/2009/カラー/115 分/マレー語・タミル語・英語・広東語・北京語
配給:ムヴィオラ
公式サイト: http://moviola.jp/talentime

3月25日(土)より全国順次公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。